株式会社シューマツワーカー/副業を通じて「ハタラク」を「オモシロク」

株式会社シューマツワーカー

副業を通じて「ハタラク」を「オモシロク」

今回は副業支援サービス事業を手がける株式会社シューマツワーカーさんについて、カスタマーサクセス責任者の申晶樹様にお話を伺いました。

株式会社シューマツワーカー 申晶樹さんさん

申晶樹さん
パーソルキャリア株式会社にて人材紹介のリクルーティングアドバイザーとして採用支援に従事した後、株式会社シューマツワーカーに転職。副業社員を受け入れる企業側のサポートをおこなうカスタマーサクセスの責任者を務める。

副業社員、企業、社会の三方に貢献

―本日は宜しくお願いします。まず初めに、シューマツワーカー様の事業内容について教えてください。

申:

弊社は副業のマッチングサービス「シューマツワーカー」を展開しており、副業をしたい人と企業を結びつけています。弊社の特徴は、双方のサポートをとても大切にしていること。それが他の企業様との差別化にもなっています。

サポート体制は、具体的に2つあります。1つ目は、副業社員側のサポート。副業社員にはコンシェルジュがつかせていただいてモチベーションを管理したり、勤怠時間の管理をしっかりするようにお伝えしたりしています。2つ目は、企業側のサポート。企業様にはカスタマーサクセスがつかせていただいて、副業を受け入れる体制づくりの支援や業務以外の面での支援をしています。

―業務以外の支援とはなんですか?

申:

例えば、副業されている方に正社員と同じように接したりお仕事をお願いしたりしてしまうと、なかなか上手くいかないので、そういった際のコミュニケーションや業務範囲などの提案をさせていただいています。その企業様の人事に近いところまでお話しできたらいいな、と思っています。そもそも副業という概念自体が最近出てきたものなので、やる方も受け入れる方も初めてなことが多く、なかなか上手くいかないことも多いんですよね。本業ではすごく活躍している方が副業になると思うように力を発揮できなかったり、その逆もあります。こういったところを標準化して、みなさんが活躍できるように調整することが目的です。

―副業をしたい人、それを受け入れる企業。それぞれのニーズはどういったものなんでしょうか。

申:

副業社員の方の中には、もちろんお金を稼ぎたい、という目的で副業をしている人もいます。しかし、以前弊社で稼働してことのある副業社員を対象にアンケートを取らせていただいた際、一番多かった意見は、「新しいことに挑戦したい」というものでした。やはり、ビジネスマンの方達の中には、常に今のフィールドで満足せず、野心を持ってどんどん新たなフィールドで行動を起こしていく人は一定数いるんですよね。ある人は、大手IT企業に勤めていたのですが、社内であまり評価されていないのを感じていたそうです。しかし、弊社サービスを通じてスタートアップに副業社員としてジョインしたところものすごい成果を上げて、企業からも非常に感謝されました。その結果、本業の方でも以前より自信を持って働けるようになったそうで。新しい場所で働くという挑戦が、その人の自信にも繋がるといういい例だと思います。

企業様のニーズは色々あるのですが、大きくわけると二つあります。一つ目は人材が採用できなくなってきていること。僕も前職の人材会社でたくさんの企業様の採用に関わっていたんですけど、やっぱり採れないものは採れないんですよね。労働人口は明らかに目減りしていて、今後何年かの間での頭打ちは目前まできているのを感じます。一方で副業したい人は結構いるので、そこにチャンスがあるのです。

もう一つは、たしかに人手不足ではあるけれど週5で来てもらうほどは必要としていないというニーズです。こういう時だけ来てもらえたらすごく助かる、という感覚に対して正社員を雇うのは割りに合わないですよね。例えばWEBデザイナー。2、3人くらいのスタートアップでプロダクトを作ろうってなった時、WEBデザイナーを正社員として雇うことは少ないんです。なぜなら、そのプロダクトをリリースしたらデザインの業務がほとんどないからです。そういう時に副業がとても活きます。また、経理周りの仕事を見てもらったり、経営や事業のアドバイザーとして週一で来てもらったりといったパターンも多いですね。別の言い方をすると、重要度は高いけど緊急度が低いタイプの仕事は社内では後回しにされやすく、副業社員に任せるニーズがそこにあります。

―副業における社会的な盛り上がりとしてはどうなんでしょうか。最近では、副業も以前より盛んな動きがあるように思えるのですが。

申:

そうですね、確かに前よりは話に出るようにはなってきていますが、まだまだ全然盛り上がってないな、というのが正直な肌感覚ですね。個人の方は年金問題や終身雇用の終わり問題などがあるので自分で稼がなきゃ、という思いに駆られていて、ある程度盛り上がっていますが、企業側は副業に対してあまりポジティブな見方はしていません。国として副業解禁が宣言されていても解禁している会社は本当にごく僅かです。禁止されていなくても実際副業しようとしたら面倒な手続きがあったりで、実際にしているのはごく少数なんですよね。副業社員に手伝ってもらうということについても、多くの会社は先ほどのお話にもあったような重要度は高いけど緊急度が低いタイプの仕事を優秀な副業社員に委託するという発想がそもそもなく、それが難しいところですね。

ただ、間違いなくニーズはあります。たとえば、地方創生の文脈で考えてみても、副業のニーズはあるはずです。リモートワークのツールは今すごく充実してきているので、東京に住んでいる方が地方の会社に、東京からジョインすることができ、それが地方産業の推進につながる可能性もありますよね。

―なるほど。そういった状況の中で、どういったお話をすると企業側の理解を得られるのでしょうか。

申:

今みたいに面と向かって副業の良さを話せば、多くの企業様が興味を持ってくれます。優秀な人がたくさんいること、労働力としてプラスになること、どういった仕事を任せられ、また任せられないのかを丁寧にお伝えすることを心がけています。そもそも副業を受け入れることを考えたこともない企業様がほとんどなので、まずは副業という選択肢を考えてもらうきっかけづくりが大切なのかもしれませんね。

人が色々なコミュニティを持つきっかけを作りたい

―これまでの申様のシューマツワーカーでの経験の中で嬉しかったのはどんなお仕事ですか?

申:

一番を決めるのは難しいですが、やっぱり副業ワーカーの方にいいきっかけを与えられたと感じる時ですね。企業様の方から、こんな優秀な方とお仕事できて嬉しいです、といったお声を頂いた時も同様に嬉しいですね。

―そこには、やはりシューマツワーカーさんのビジョンにも掲げられてる「ハタラクをオモシロク」という言葉が反映されているのでしょうか。

申:

そうですね、僕もそこに共感して転職してきましたので。「働く」という言葉は一般的に少し辛いもの、嫌なもの、という印象がまず持たれますけど、代表の松村をはじめとして弊社はそれを変えたいという想いを持っています。一つの企業の中でずっと仕事をして外の世界を知らないと、そこに面白さを感じるのは難しいですし、ずっとやっているその仕事に慣れてきてしまうと感謝されることも減っていきます。そうではなくて、多くのコミュニティを持つこと、それが必ずしも副業でなくてもよくて、社内で部署をかけ持てるなどの理由でも構いません。その業務によって自分のやっていることの価値に気付けたり課題に気付けたり、また働くことっていいな、って思えて自己肯定感も持てると思うんです。そういったきっかけを作りたい、というのが弊社の想いです。それが結局企業のためにもなりますし、オープンイノベーションにも繋がり、「ハタラク」を楽しめる社会にもなると思います。そのために目の前の副業社員や企業様にまっすぐ向き合って、どうしたら両者が気持ちよく仕事をできるかをひたむきに考えています。

―素敵ですね!その上で、心がけていることはありますか?

申:

企業様だけではなく、副業社員の方と真摯に向きって、不都合なことなどがあるときにその原因が何かを深掘って聞いていき、その上で企業様と共にどうしたらそういった課題を無くせるかを考えます。例えば、稼働するタイミングや連絡などのタイミングが合わないという悩みがよくあります。副業をするみなさんは、平日の夜に仕事をすることが多いのでそういう問題は仕方ないのですが、それならば連絡が少ない業務を振ったり連絡のルールを決めることでスムーズに業務が進んだりします。そういった改善をその都度考えています。

―御社が社会に与えている一番の価値はなんでしょうか。

申:

正直まだまだ価値は出せていません。既に登録してくださっている人はたくさんいらっしゃいますが、稼働している副業社員は一部に限られまだまだ少ないです。ただその人たちについては、働くということの考え方を変えるきっかけを与えられていると思います。

それと、僕が個人的に社会に与えたいと思っている価値は、一人が一社に属するという常識を変えることです。これから労働人口も減る中で、この常識は個人にとって、企業にとって、また社会にとっても絶対にプラスにはなりません。そういう意味では、メインとサブがあるという意味を持つ「副業」という言い方もちょっと微妙で、他の企業様もこういう言い方をされていることは多いのですが、「複業」というあり方になってほしいなと思います。今はまだそんな言い方では余計ピンとこなくなってしまうのであまり使いませんが。(笑)

―そういったビジョンや常識を変えるといったことのために、今取り組まれていることはありますか?

申:

シンプルに実績が足りておらず、まずは理解の浸透を先にしなければならない状況です。地道ではありますが、企業様向けのメディアを作ったりイベントを開いたりして啓蒙活動をしています。メディアでは先ほどお話したような副業についての知識や事例などを紹介していま。その他にも、イベントは毎月開催していて、企業向けの副業社員の受け入れ方のセミナーを行ったりしています。また弊社はフリーランス協会の方にも賛助会員として参加していますので、そこを通じた活動もしています。まだまだ競合との勝負に力を注ぐよりも、みんなでマーケットを作っていくという段階ですね。

自分が活躍できる場を探して欲しい

―シューマツワーカーさんのビジョン実現に向けて、今後どのような仲間と働きたいですか?

申:

まずは弊社の理念への共感とCREDOへのマッチが第一です。その上で僕個人としては、どんな状況でも楽しめる人、というのが一つ大きいです。弊社もスタートアップなので、解決できそうもない課題はたくさん出てきます。そういった時に嫌になって投げ出してしまうのではなく、それを解決できたら会社や自分のためにプラスだ、といったポジティブな感情を持ち続けられる人ですね。代表の松村がよく言う言葉で僕も好きなものなんですけど「課題は伸びしろ」っていうものがあります。今、弊社にも色んな課題がありますが、それでも登録者がこれだけ増えた(2019年10月現在、約14,000人が登録)ということは、その課題を乗り越えたらもっと伸びるんじゃないか、というマインドを持ってほしいです。

―実際、御社にはどんな人が集まっているんですか?

申:

誠実な人ですね。人材業界って人を介するコミュニケーションの連続なので、ずるさがあれば何とでも言えちゃうところはあるんですけど、その中で副業社員にも企業にも誠実に接するということを自然にできていると思います。また、CREDOに沿った発言が実際の会話やSlack(社内コミュニケーションツール)上でも日頃見かけるので、理念もよく浸透したメンバーなのだと思います。

―ちなみに、御社の社員様も副業されてるんですか?

申:

今社員は20人くらいで、業務委託とかインターン生を合わせると30人くらいいますが、誰が正社員かもよくわからないのも事実で、フレキシブルにやっています。弊社社員も副業をしている人がたくさんいて、メイドカフェを経営している社員やレースクイーンをやってる人もいます。他の人材会社と掛け持っている人もいて、本当に多様なメンバーが集まっています。

―まさに御社の事業を体現していますね。最後に、企業様やVisions Labを読む学生に向けて何かメッセージをお願いします。

申:

企業様は、採用に対しての考え方を柔軟にすることが会社にとっても副業社員にとっても、それから社会の未来にとってもプラスになるということを知っていただけたらと思います。その上でやり方がわからなかったり、相談してみたいことがあれば、是非ご連絡を頂けると嬉しいです。

学生の方々は、この先会社に入ったら当然辛いことがあると思います。ただ、それが全てではなく、自分が活躍できる場が、一社入って経験した一部署だけということはないのですから、めげずに自分が活躍できる場を探してほしいな、と思います。副業だけでなく、転職して一気に輝き始めた同期も見ていますし、色々な可能性をぜひ見てほしいです。

MISSION

ハタラクを自由化し
人生の可能性を広げる

副業という新しい働き方を広げていくことで
人生の自由度を上げて行き、様々な可能性を
広げていくことを目指します。

VISION

働く全ての人をハッピーに!

CREDO

1.何事にも主体性を持て
2.圧倒的行動と改善を繰り返せ
3.早さにこだわれ
4.成果にこだわれ
5.常に相手目線を持て
6.プロフェッショナルであれ
7.固定観念を捨てろ
8.どんな状況も楽しめ

Company Profile

社名
株式会社シューマツワーカー
設立
2016年9月
代表者
代表 松村 幸弥
従業員数
32人 (業務委託、副業、インターン含む)
本社住所
〒150-0045 東京都渋谷区神泉町10-10 アシジ神泉ビル8階
会社URL
https://company.shuuumatu-worker.jp/