株式会社豆蔵/若き野心家よ、未来をつくれ!

株式会社豆蔵

若き野心家よ、未来をつくれ!

今回は、最先端のデジタルテクノロジーを持って幅広い領域にITコンサルティング事業を展開する株式会社豆蔵の現在、過去、そして未来の展望について、IT戦略支援事業部部長の安井昌男さんにお話を伺いました。

株式会社豆蔵 安井昌男さんさん

安井昌男さん
株式会社豆蔵執行役員 IT戦略支援事業部部長。デジタルトランスフォーメーション戦略の構築のコンサルティングを手掛ける他、多数の著作も持つ。

最先端のテクノロジーを持って、
多角的なコンサルティングに挑む。

―本日は、豆蔵さんの事業や考え方についてたくさんお伺いできたらと思います。よろしくお願いします。早速ですが、御社の事業内容について、教えていただけますか?

安井:

事業内容は、一言でいうならITコンサルティングです。内容としては、主に3つ。一つ目は「組み込み」「embedded」と呼ばれる領域で、自動車に組み込む自動運転のソフトを開発したり、産業用ロボットなどを開発したりします。二つ目はエンタープライズと呼ばれる、社内の経理や人事のシステム。そして三つ目がデジタルトランスフォーメーション(DX)です。

―デジタルトランスフォーメーションって、事業のデジタル化ですよね。

安井:

そうなんですけど、もっと言うならば、今まで自動化できなかったところまで自動化する、ということですね。これによってすごい効率化が図れたり、思わぬことがビジネス化したりするんです。AIによる機械学習などがその好例です。これによって学生も、より手軽にコピペ論文がかけるようになってしまいます(笑)。

―AIを用いればそういったこともできますね(笑)。

安井:

詳しく説明すると、この3つの領域(組み込み、エンタープライズ、DX)それぞれに対し、3つの側面でコンサルティングをします。一つは、お客様のビジネスにどのようにこれらの技術を使っていくかをコンサルティングします。二つ目は技術です。技術的に難しくてお客さんにはできないことを、うちがコンサルティングするんです。そして三つ目は育成。企業内人材の育成ということです。

数学、科学、発想力。
この3つが豆蔵の強み。

―そういったことをコンサルティングするって、高い技術力が求められると思うのですが、やはりそういった技術力が、豆蔵さんの強みなんでしょうか。

安井:

それもありますね。ただそれ以外にも、うちの強みとしては主に3つのポイントがあります。1つ目は確率論に代表されるような数学的なアプローチをちゃんと理解していること。2つ目は、科学的な姿勢です。理系の学生がよく行う、物事を実証するためにデータを集めるといったことです。そして3つ目がデザイン思考に代表されるような、発想力。この3つのアプローチを揃え、フルレンジで提供できることが豆蔵の強みだと思います。

―なるほど。逆に御社の弱みなどはありますか?

安井:

人が少ないことですね。そうするとビジネスオケーションを拡大しきれないんです。それからもう1つの弱みというか難しいところは、アカデミアの世界から突然ビジネスの世界に飛び込み、実ビジネスの世界で科学的な手法や理屈を説明することの難しさ、理不尽さです。これって初めからできることじゃなくて、いまじゃ私の部のトップクラスになっているコンサルタントも初めは苦労していました。

―その理不尽さとはどういうことですか?

安井:

簡単に言えば、ビジネスというのはお客様からお金をいただいているので、ロジカルなセオリーだけじゃなくてその方の意向や期待を叶える必要があるということです。

―論理的な正しさだけじゃないんですね。

安井:

そう、ビジネスっていうのは結局、お金を払ってくれるお客様にどれだけ納得していただけるかなんです。IT、AIといった、お客様の本業から見るとまだまだ新しい領域でのその先の見返りを見込んだ投資に納得していただくのは簡単なことではないんです。

効果的に機能する階層構造だからこそ
成し遂げてきたことがある。

―会社としての特徴を教えてください。

安井:

一人一人のメンバーが非常に個の能力を高く持ち、ピン芸人としてもやっていけることに加えて、さらにチームとしても機能的にパフォーマンスを発揮できる組織であることの2点です。色々な組織形態が論じられる中で、うちは割と古典的なピラミッド型の組織なんです。それはやっぱり個人間で能力差のあるメンバーが最高のパフォーマンスを出すために機能するヒエラルキー[1]で、機能的な階層構造というものを非常に大事にしているんです。単なる分業というのではなく、分業の中で誰かが統一的な意思を持ってないといけない。あるいは誰かがお客さんとの集中的な窓口になってないといけない。そこにはやっぱり指揮命令の系統が必ず必要になるんです。
だから、ものすごく優秀な人材が揃っていれば、トップが一人で中間層のいない、フラットな組織でいいとは思われやすいんですけど、そうとは限らない。それに現代は問題がどんどん複雑化していってるから、そこにはやはり機能的な役割分担が必要で、役割分担があるところには必ず指揮命令系統、統一化された神経系統が必要なんですよね、人体みたいに。だから適切なヒエラルキーを大切にしているというのは1つの特色だと思います。

―その結果上手くいったことなどはありますか?

安井:

サッカーで言うところのジャイアントキリング[2]ですね。これはそういった組織だからこそできていることだと思います。それともう1つ、組織はその組織の長を超えることができないというテーゼがあるけど、このテーゼを否定すること。これもそう言った組織でないとできないことだと思います。個々のエレメントが最高のパフォーマンスを発揮する、組織のトップの弱いところに個の特徴的なエレメントを持ってくることができればいいわけだからです。これも今かなりいい線まで来ていると思っています。
具体的には、速度が速く移植の簡単なAIエンジンを作ったとか、そういったこともあるんですけど、それらはある意味そのファンクショナブルな組織の生み出した副産物みたいなものなのです。

―会社の歴史としては、1999年の設立からずっと現在の事業をなさっているんですか?

安井:

Javaってご存知ですか?あれを日本にインポートした先駆けがうちの会社なんです。「豆蔵」という名前も、Javaにおけるプログラムの仕様の用語にJavaBeansというものがあって、その蔵元になろうということから来ているんです。

―面白い由来ですね。どのような考えの元でそのJavaにまつわる事業を始めたんですか?

安井:

スタートはオブジェクト指向という考え方でした。従来の全てをまとめてシステムを書くのとは異なり、ひとつひとつの機能を別々に用意し組み合わせるのです。これにより、どこかを改修する時にはその特定の部分だけ改修すれば良いことになります。このオブジェクト指向を実現するにあたり、もうひとつの考え方、「モデル化」、「モデリング」というものが必要になります。目的に沿って考えた時にどういった機能がどう組み合わさるのかを考えて設計することです。このモデル化をプログラミングで利用できるようする表記法 Unified Modeling language (UML)を普及させようというところから事業が始まりました。

―その考え方は今の事業にも活きているんですか?

安井:

はい。現在でも、物事をモデル化して、抽象化して考えるというのはうちの属性となっていると思います。コンサルティングというのはやはりお客さんに納得していただかないといけないので、そのためには目に見えない事柄を見える化しないといけない。そのために根底にはやはりモデル化の考え方が必要なんです。

技術の世界に国境はない。

―豆蔵さんのミッションはなんですか?

安井:

うちに通貫するミッションは「そこにある知識をモノにしろ」です。頭の中にある知識、経験、思いつき、これらを頭の中に止めるだけでなく具体化して、動くモノや実際のビジネスで使える形にするというのが、我々のミッションなのです。

―会社のモットーも気になりました。

安井:

モットーは「知は力なり」。ラテン語で’scientia est potentia’です。やはり僕らは知識を仕入れ知識で価値を提供するのです。「知は力なり」という言葉をビジネスとして具現化するのが我々だということです。

―「知をビジネスにする」という一貫した意志が伝わってきます。そのために意識していることなどはありますか?

安井:

3つのディシプリン(規律、規範)を大切にしています。差別化、新規性、グローバルの3つです。差別化というのは、他社と比べた違いを出すということです。逆に新規性とは、社内で常に新しさを追いかける姿勢。グローバルは、市場を常に世界視点で見ようという姿勢です。英語で言うならば、Be the difference、Be the new、Be the global。つまり命令形で、「〜であれ」という気持ちを示しています。

―グローバルに活動されていることもあるんですか?

安井:

私たちのお客様は皆グローバル企業なので、自然とグローバルになっていっています。意図的と言えば意図的ですが、「世界に行こう」という意識で広げたというよりは、質の高いお客様とのお仕事を広げていったら結果的にそうなったという感覚です。日本企業のお客様でも、そういった質の高いお客様は必ず世界にも目を向けているので、事業としては結果的にグローバルなものが多いです。

―だから、豆蔵さんのような日系の会社も世界で受け入れられていくんですね。

安井:

そうです。もっと言うならば、技術の世界に国境は関係ありません。うちにもボストン大学の学生やインド工科大学からの留学生をはじめ、様々な国の学生がインターンなどで来てくれます。世界中の学生が集まるポスターセッションをうちがスポンサーしたりもしています。また、うちの若い社員だって日本のサイトより外国語のサイトで調べ物をしている時間の方が長いくらいです。もしかしたら、「グローバルであれ」と言うよりも「スタンスがドメスティックでない」と言った方が正しいかもしれません。

未来をつくるのは、若者だけが持つ特権。
健全な野心家であれ。

―これから先のビジョンはどう描いていますか?

安井:

方針としては3つあります。1つ目は、ビジネスの拡大です。今やっているビジネスは、大企業のお客様に対し、オーダーメイドのアッパーグレードな商品を提供していますが、それをもう少し、SaaS[3]とも言われるような広く普及できるスタイルでも広げていきたいと思っています。
2つ目は、人材育成的なビジネスや活動に力を入れていきたいという内容です。AIやデータ解析の普及に当たって、これまでの決定論的な判断よりも確率論的な判断が必要になっていきます。「1+1は必ず2」とか、「こうならばこうで、そうでなければこう」みたいな考え方ではなく、「この場合8割の確率でこう、1割はこうで残りはこう」みたいな頭の使い方が大事になっていくのです。そういった考え方を、まずは自分たちが消化しきった上で伝えていく、ということに力を入れていきたいです。
そして、これら2つのためにも必要なものが3つ目になるんですが、3つ目としては、若い人たちがどんどん入ってきてくれる会社にしたいと思っています。

―「若さ」が大切な理由はなんでしょうか?

安井:

1つは柔軟性。2つ目としては、しっかりした日本の教育を受けて最新のものの考え方を身につけていること。それから3つ目、これが一番大切だと思うのですが、未来をつくるのは若者だけが持つ権利なんです。その権利を大切にしてあげたいし、それを大切にできない会社に未来はないと思います。

―いい言葉ですね。未来をつくる若者に求めるものはなんですか?

安井:

強いエリートと言うのかな。強く未来をつくろうという志を持って欲しいと思いますし、これをambitiousと言うのだと思います。夢や希望はコロコロ変わったり破れたりしても構わない。でもその中でも、これだけは成し遂げようっていう野心だけは大切にして欲しいのです。

―ITとかAIの領域で事業をしている会社は、僕のような文系の学生には少し近寄り難いところもあるのですが、文系の学生でもこういった世界に飛び込めるものなのでしょうか?

安井:

全然アリです。正直にカミングアウトすると、僕は法学部出身です(笑)。
インテグラル(積分の記号)も知らなかったんだから。めちゃくちゃ勉強しましたけどね。やる気だけです、大切なのは。根幹的な、他者に対して自分に何をできるのかを考える姿勢を持っていて欲しいと思います。健全な野心家であってほしいです。

[1]組織におけるピラミッド型の階層構造のこと。キリスト教の教会組織に語源を持つ。
[2] サッカーを始めとするスポーツにおいて、弱小と思われていたチームや選手が、オッズに反して競合を破ること。
[3] Software as a Serviceの略称。ソフトウェアをユーザーがインストールして利用するのではなく、クラウド上でパッケージとして提供されたものを、自身で機能を選びサービスとして利用することを指す。

〜編集後記〜
安井さんには、とても気さくに、現在の事業や組織、今後のビジョンなど、たくさんのことをお話ししていただきました。
組織についても、ヒエラルキー組織を、しっかり根拠を持って肯定する姿勢は新鮮で説得力があります。また、IT戦略支援事業部の部長としての安井さんは、一つひとつの発言が非常に現代的で、同時に一貫性を持っています。インタビューをしていて、3つのディシプリンをご自身が体現している様子がひしひしと伝わってきて、一人のリーダーとしても、とても尊敬できる方だと感じました。そして最後の「未来をつくるのは若者だけの特権だ」という言葉は、まさに社会に出る直前の僕には非常に刺さりました。「夢」や「やりたいこと」を持つことが大切だとよく話されますが、それらの前提にある「野心」というものを、まず若者が大切にしなければいけない。とても考えさせられる内容です。少し理系色の強い内容になってしまいましたが、むしろ文系の方に読んでいただけたら嬉しいです。

経営理念

工学的手法をビジネスや社会の現場に適用することにより、顧客組織の情報戦略策定と効率的情報化投資を支援し、産業界を含む社会全体の高度情報化に基づく価値の創出に寄与します。

経営方針

豆蔵は、卓越した誰よりも高い技術力を持って、グローバル市場における競争力強化施策の実行と成長戦略の展開にチャレンジします。この結果、収益力と財務体質の強化を図り、お客様の企業価値・社会価値の永続的向上への貢献を果たすべく自社自体としても企業価値・社会価値の高い会社を目指します。

環境方針

地球環境保全のために、資源の有効活用、環境負荷低減に向けた取り組みを行うとともに、ITを活用した地球環境保全活動に貢献していきます。

豆蔵バリュー(豆蔵社員が共有する5つの価値観)

1.私たちは、お客様の成功に全力を尽くします。そして感動を実現できるように取組みます。

2.私たちは、ソフトウェアエンジニアリング力とコンサルティング力を結集して、お客様の製品力・技術力・組織力の向上に寄与します。

3.私たちは、情報サービス産業界の模範として技術の創造的な活用に努め、常に社会的に価値のあるサービスを提供します。

4.私たちは、プロフェッショナル集団としての強い個の技術力とそのチームワークをとおして、顧客に対する価値の創出を常に追求します。

5.私たちは、できるはずがないという世間の常識に流されず、チャレンジ精神をもって困難な道に挑戦し続けることで、競争力のある最高のサービスを創造します。

Company Profile

社名
株式会社豆蔵
設立
2006年10月3日 ※株式会社豆蔵は、2000年5月より事業を展開して参りましたが、株式会社豆蔵OSホールディングスを持株会社とする経営体制への移行に伴い、会社分割により2006年10月3日をもって事業会社として新たに設立いたしました。
代表者
代表取締役社長 中原徹也
資本金
3億1000万円
従業員数
151名(2019年4月1日現在)
本社住所
〒163-0434 東京都新宿区西新宿二丁目1番1号 新宿三井ビルディング34階 私書箱302号
電話番号/FAX
03-5339-2114(代)
会社URL
https://www.mamezou.com/