株式会社Loco Partners/「つながりをふやす」ことで、地域や人の人生を豊かにしたい

株式会社Loco Partners

「つながりをふやす」ことで、地域や人の人生を豊かにしたい

今回取材させていただいたのは、満足度の高いホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」を運営している、株式会社Loco Partnersさん。「Relux」の運営を通じて、地域の魅力や宿泊施設を発見・体験してもらい、「つながりをふやす」ことをミッションとして掲げている会社さんです。ミッション・ビジョンに基づいた事業内容から将来の展望まで、様々なお話を伺ってきました!

株式会社Loco Partners 川口 達也さんさん

川口 達也さん
コーポレート本部 経営管理部 部長。前職であるDeNAの経験を活かし、Loco Partnersの経理、財務から法務、労務、人事にいたるまで、幅広いバックオフィス領域を担当。公認会計士の資格も保有している。

株式会社Loco Partners 川口 恵司さんさん

川口 恵司さん
コーポレート本部 経営管理部 人事/総務グループ。新卒で株式会社LITALICOへ入社。自分の「やりがい」の在り方を広い視野で見つめ返し確認するために、Loco Partnersへ転職。現在まで制度運用・研修企画・採用など人事業務全般に携わる。

本当にいいものしか選ばない

―本日はよろしくお願いします!まずは、事業内容について教えてください。

川口(逹):

事業内容としては、旅行代理店という分野で、宿泊施設とお客様の間に入って旅行の選択肢を提供するというものになります。どんな宿泊施設でも掲載しているわけではなく、弊社に在籍する旅行のプロたちが掲載の審査をさせていただき厳選したものを載せているので、満足度の高い宿泊体験を実現させることができるというのが、Reluxの特徴です。

―強みやこだわりはありますか?

川口(達):

強みはやはり、よい宿泊施設を厳選していることですね。ミシュランの星があるように、Reluxの中にもReluxグレードというものを設けさせていただいており、お客様のご要望にそった期待値調整を行っています。お客様にとって満足度の高い宿泊施設をお選びいただきやすいように、全国8万以上の宿泊施設の中から社内の審査委員会により、厳正に審査をさせていただいています。そして、選ばさせていただいたうえで、先ほどのReluxグレードで5段階に分けています。例えば、一番上のグレードの「MUSEUM」に入る「TENKU|天空の森」さんは、魅力が「ないものはない」、つまり「何でもある」という宿泊施設です。お客様一人ひとりが自由で贅沢な滞在ができる、まさに最上級にリラックスできる場所だと思います。このように、Relux独自の基準で宿泊施設を厳選できるのは、我々にしかできないことだと思います。

―なるほど!そこまで多くの基準を設けているとは思いませんでした。だからこそいい宿泊施設を紹介することができるのですね!

川口(達):

また、我々が厳選した良い宿泊施設を掲載しているからこそ、アプリやサイトなどのUI/UX(ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス)のあり方も追求しています。使いやすいという視点はもちろん、ウィンドウショッピングをするような感覚で宿泊施設選びを楽しんでもらえるように心がけています。

―たしかに、とても綺麗なアプリで、見ているだけですでにテンションが上がります!続いて、会社の歴史や、今の事業に至った経緯などを教えてください。

川口(達):

Loco Partnersは2011年の東日本大震災をきっかけに創業しました。創業当時の社長が、リクルートの“じゃらん”で旅館の営業をしていて、当時担当していた地方の宿泊施設が苦境にたたされているのを目の当たりにしました。それを見て、ローカルコミュニティーのパートナーでありたい、地域のベストパートナーになって日本を元気にしたいという想いで起業しました。また、旅行業界にいたことから友人によく良い宿泊施設を紹介してほしいと相談を受けていたこともあり、ここからヒントを得て、サービスとしての価値を検討し、今の「Relux」というサービスを開始しました。サービスを開始した当時は、掲載されている宿泊施設が10件程度しかなく、1つの宿泊施設につき1プランずつしかないようなものでしたが、今では会員登録者数が240万人程おり、掲載施設も約3,200軒です。国内のOTA(Online Travel Agency)と呼ばれる業界でも上位には入れたかなと思います。

「旅行」の概念にとらわれず、
社会に「つながり」を増やしていく

―どのようなミッション・ビジョンをお持ちなのですか?

川口(達):

創業当初のミッションは「幸せな旅行を増やす」というものでしたが、今は「つながりをふやす」というミッションと「アジアを代表する旅行カンパニー」というビジョンを掲げて働いています。旅行代理店という枠組みにとらわれず、旅行カンパニーでありたいという想いや、海外展開を始めたため、活躍を狙うフィールドは日本だけではなくアジアではないかということで、昨年、このビジョンを定めました。また、このミッション・ビジョンを体現していく上で必要なバリュー(行動指針)である「Locoship」も定めています。

川口(恵):

「Loco Award」という表彰も年間やクオーター単位で行っています。この場では、5つの行動指針に対してどれだけ動けたかという基準で表彰される「Locoship賞」というものも用意しています。この表彰式は、表彰された以外の人たちも、「Locoship」についてもう一度考えることができたらいいなと思って設けている場でもあります。また、この「Locoship」は普段の仕事シーンにもちゃんと組み込まれていて、メンバー内で「それはOWNERSHIPがあるよね」などと、日常会話にも出てくるくらい定着しています。

―今のミッション・ビジョンに変わったポイントはどこにあるのでしょうか。

川口(恵):

旅行という側面だけではなく、もっと広い範囲で一人一人の人生を豊かにしていく、社会をよくしていくということを実現していきたいという理由で、ミッションを再検討しました。自分がいい旅行や体験をしたら、きっとその体験をほかの人にもつたえていくと思うんですね。そうすると、周りの人にもより質の高い選択肢が増えていくことになります。そうして、あまり有名な観光地ではなくても新たな人が訪れることで、その地域が豊かになったり、新しい人たちと「つながり」を持つことができるようになったりと、どんどん派生していくことができると思います。こういった「つながり」を増やしていくことで、地域や人の人生をより豊かにしていきたいと思い、今のミッションになりました。とはいえ、まずは旅行という分野で世の中への影響度をより大きくしていこうということで、ビジョンは「アジアを代表する旅行カンパニー」としました。

―今後の展望について教えてください。

川口(達):

これからは、宿泊施設との横のつながりを伸ばすこと、そしてReluxとしてのブランドを確立させプレファレンスを高めていくことが先決かなと思っています。ウィンドウショッピングのように楽しんで見ていただけたらとても嬉しいのですが、Reluxならではの価値をさらに明確につくっていきたいと考えています。

そして今、コロナの影響で人々の旅行やライフスタイルに対する価値観が変わり、例えばオンライン旅行などの新たな流れも発生する中で、チャンスや課題についても対応していきたいと思っています。

自分のビジョンに向かって成長していく人

―どんな人と一緒に働きたいですか?

川口(達):

まずは、ミッション・ビジョン・バリューに共感していただける人かなと思います。成長を前提としていて、競争環境も割と激しい会社だと思うので、やりたいことが明確で、スピード感のある人だといいですね。

川口(恵):

会社のミッション・ビジョンに近づけていくというよりは、個人のミッション・ビジョンがあって、それに会社がマッチしているか、自分のやりたいことができるかなど、候補者と弊社がお互いフラットな立場ですり合わせることが重要だと思います。これができないと、入社したところで本人が幸せになれないと思うので、確認しておくべき点だと思います。

また、入社後は役職や年齢など関係なく、自分が中心となって会社を成長させていくんだという気持ちや、そこに向けての行動ができる人と一緒に働きたいですね。Loco Partnersは2022年度も新卒採用を実施しています。宿泊施設や地域の力になりたい、旅行業界をもっと盛り上げたい、自分たちが会社を引っ張るんだ!そんな気持ちの方にジョインして欲しいと思っています。

―本日は貴重なお話をしていただき、ありがとうございました!

お話を伺った部屋のドアや小窓はどれも、旅館さんからいただいたものだそう。
お話を伺った部屋のドアや小窓はどれも、旅館さんからいただいたものだそう。

どの会議室の壁にも「Locoship」が飾られていました。
どの会議室の壁にも「Locoship」が飾られていました。

取材・撮影:2020年7月 ※撮影時以外はマスクをつける等、コロナウイルス対策を十分とった上で実施しました。
取材・撮影:2020年7月 ※撮影時以外はマスクをつける等、コロナウイルス対策を十分とった上で実施しました。

SHARE

MISSION

つながりをふやす

体験を通してつながりを増やしていくことが、社会を豊かにしていく。私たちはそう信じています。

ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の運営を通して、地域の魅力や宿泊施設を発見・体験をしてもらう。

旅行者と宿、旅行者と地域、日本と世界――。
たがいの間に生まれる良質な"つながり"を創ることが、私たちの使命です。

人に、社会に、そして世界に寄り添って、より満足で、より素晴らしい体験を提供していけるよう、事業を展開しています。

VISION

アジアを代表する旅行カンパニー

より満足度の高い旅行体験を創造し、より多くの方に届けること。そこにのみ、価値があると私たちは考えています。

世界規模で「つながりをふやす」というミッションを実現するため、アジアを代表する旅行カンパニーを目指して、日本が誇る宿とひとつひとつの旅のストーリーを、宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」から世界へ発信します。

LOCOSHIP

BE HONEST
すべてに素直であれ

人に対して、数字に対して、自分に対して、嘘をつかず素直に向き合っているか。良い出来事は思いきり喜ぶ。問題には素直に向き合って解決を目指す。厳しい事実から目をそらさない。私たちは、「素直」な人たちとともに働きたい。

ONE TEAM
ひとつのチーム

個人よりも、チームとして成果をあげることが大切である。互いの正義はぶつかりあうが、チームで成果を出し、カスタマーバリューのためにアクションすれば、会社は必ず成長し、働く仲間全員がしあわせになれると信じている。

OWNERSHIP
高い当事者意識

一人ひとりが高い当事者意識を持ち続けてこそ、自走性と成長性の高い組織になる。自らオーナーとなればやりがいは増え、適切な課題解決策をひねりだし、多くの機会を生み出せる。受動的な人は成果を出すことができない。

ROCKET SPEED
最高速のアウトプット

スピーディーな意思決定と行動こそが成長への最短経路であり、カスタマーバリューを最大化できる。圧倒的な速度でプロジェクトを進めれば、結果への到達速度も上がる。1つの100点よりも、5つの80点を創り出せる人でありたい。

FAIL HARDER
大胆に失敗しよう

失敗を恐れた公約数的でインパクトのない企画や打ち手には、情熱がない。常に大胆な企画や打ち手を断行し、本気で頭をひねり、情熱と責任をもって取り組むこと。それによって起きる大失敗こそが、未来につながると信じている。

Company Profile

社名
株式会社Loco Partners
設立
2011年9月1日 (創業)
代表者
代表取締役社長 村上 文彦
資本金
9.1億円(資本準備金を含む)
従業員数
170名
事業内容
ホテル・旅館の宿泊予約サービス 「Relux(リラックス)」の運営
本社住所
〒105-0021 東京都港区東新橋二丁目14番1号 コモディオ汐留 4階
会社URL
https://loco-partners.com

SHARE