株式会社FABRIC TOKYO/「洋服を着る」という体験を通して、「ライフスタイル」を提供する。

株式会社FABRIC TOKYO

「洋服を着る」という体験を通して、「ライフスタイル」を提供する。

世界に1着、自分だけのオーダーメイドスーツをネットで簡単に購入できるサービスを生みだした、FABRIC TOKYOさん。今回は、そんな新しいアパレルのビジネスモデルの創出に挑戦中の森社長とお二人の新人社員の方に取材しました!

株式会社FABRIC TOKYO 森 雄一郎さんさん

森 雄一郎さん
1986年生まれ岡山県出身。大学在学中、国内外ファッション情報サイトを立ち上げる。大学卒業後、ファッションイベントプロデュース会社にてファッションショー、イベント企画・プロデュースに従事。 その後、ベンチャー業界へ転向し、不動産ベンチャー「ソーシャルアパートメント」創業期に参画した他、フリマアプリ「メルカリ」の立ち上げを経て、2014年2月カスタムオーダーのビジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO(旧・LaFabric)」をリリース。 ”Fit Your Life”をコンセプトに、体型だけではなく生き方・ライフスタイルに合う洋服を届けることに挑戦中。

僕たちは「洋服を売っていない会社」

―本日はよろしくお願いいたします。まずは、FABRIC TOKYOさんのビジネスについて教えてください。

森:

私たちは、「Fit Your Life」というコンセプトを元にオーダースーツやオーダーシャツがオンライン上で作れるブランド、いわゆる*D2C事業をしています。特徴は、オーダーメイドスーツといってもサイズだけでなく、お客様の価値観や生活にフィットするスーツを作ることです。そのため、オンラインブランドといってもリアル店舗を持ち、お客様のニーズやライフスタイルを店舗にいる社員が直接ヒアリングした上で、オンライン上にデータ化しています。最近では、都内に加えて関西にも出店しており、店舗数は10店舗を超えました。これからも出店予定が続き、まさに全国展開を目指している最中です。私たちは「誰もが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会をつくる」をビジョンに掲げているので、「誰もが」を叶えるために全国は目指していきたい、と思っています。ゆくゆくは、日本を飛び出して世界中の人々にサービスを提供したいですね。

―なぜ、ライフスタイルというところにこだわっているのですか?

森:

私たちは「洋服を売っていない会社だ」という考え方をとても大切にしています。たしかに、最終的には洋服を販売しているわけですが、決して売ることが一番の目的ではなく、“洋服を通じて、お客様に洋服を使っていただいている体験”を提供している、と考えているのです。ですので、物自体にももちろんこだわりはありますが、それによってお客様のライフスタイルがどう変わっていくか、どう前進させていけるかをより大切にしています。

お客様ひとりひとりと向き合い、長く愛される会社に。

【佐野 緑さん】  入社二年目。事業推進部に所属し店舗での接客を担当。アメリカの大学を卒業後、大手化粧品メーカーの内定を辞退し、FABRIC TOKYOでチャレンジすることを決意。
【佐野 緑さん】 入社二年目。事業推進部に所属し店舗での接客を担当。アメリカの大学を卒業後、大手化粧品メーカーの内定を辞退し、FABRIC TOKYOでチャレンジすることを決意。

―実際にお客様の採寸をするときは、どのようなことを心がけているのですか?

佐野:

もちろん身長や胴回りといった身体のサイズを実際に測っていくのですが、それだけではなく、お客様のライフスタイルや体の特徴などをヒアリングするようにしています。例えばどんなスポーツを今までしてきたのか、肌に合わない素材が今まであったかなど、30分~1時間ほどお聞きします。そのため、お客様がお帰りの時にはもう仲良くなって、「また来ます!」と仰っていただけることも多いです。お客様個人のデータはただの数値として保存するのではなく、詳細まで記すので、本当に膨大な数のデータが存在します。それは、とことんお客様に満足してもらいたいという気持ちがあるからです。

―まるで、病院の電子カルテみたいですね!

佐野:

そうですね。詳細なデーターベースが共有されていれば、もしもお客様が引っ越しなどで別の店舗を訪れることになっても、スムーズなご対応をすることができます。あるいは、店舗にいかなくてもオンライン上で簡単にオーダーメイドを作ることができますし、こちらもご対面せずとも新しいご提案がすぐにできますよね。

―一度測ってしまえば、家からオーダーメイドスーツが注文できるなんて素敵です!数多く接客されてきたと思いますが、佐野さんのやりがいとは何ですか?

佐野:

わたしは、お客様と直接お話させていただく機会がとても多いので、よかったと言っていただけることもありますが、一方ですごく怒られたこともあります。ですが、それはお客様の本音でもありますよね。店員の接客対応やそもそものサービス内容、わたしたちのサービス全般を良くしていけるチャンスですし、お客様もそれを望んでいるはず。いい面も悪い面も生の声を聞けるこの現場の仕事にとてもやりがいを感じています。

【山内 裕馬さん】 入社一年目、マーケティング部所属。主に、一度店舗に訪れたお客様のデータに基づきお客様の満足度向上を目指すCRM領域を担当している。学生インターンからそのまま入社を決意。
【山内 裕馬さん】 入社一年目、マーケティング部所属。主に、一度店舗に訪れたお客様のデータに基づきお客様の満足度向上を目指すCRM領域を担当している。学生インターンからそのまま入社を決意。

―山内さんのお仕事はどのようなものですか?

山内:

僕は、一度店舗に来てくださったお客様のサポートをする仕事をしています。具体的にはメルマガやLine@の運用などですね。お客様は、一度データを取れば、いつでもオンラインで購入することができますが、一方で、お店にいらっしゃらない分、ご相談や不安があった時に、その窓口が必要になりますよね。また、お客様が持つお悩みはそれぞれ違います。ですので、企業からの一方的なメッセージではなく、お客様ひとりひとりと向き合える体制を大切にしています。このように、お客様とどう長いお付き合いをしていただけるかを常に考え、実行するようにしています。

―店舗に来た後も、綿密なコミュニケーションができるんですね。山内さんのやりがいは何ですか?

山内:

「スーツ」という枠組みを超えて、価値観や感動体験を与えている実感があることです。実際に私たちのスーツを着ていただいた友人の話なのですが、自分にぴったりのオーダーメイドスーツを着たことで営業成績がトップになったとか…。これは、オーダーメイドによる見た目の変化もありますが、それよりもスーツが精神の支えになっている例だと思いました。びしっと決まったスーツって、自信とか誇りを与えてくれますよね。僕は「スーツ」というよりもこのような「売った後の体験」を提供できることに大きなやりがいを感じています。

社内で手を挙げたメンバーで取り組む“トライプロジェクト”

―FABRIC TOKYOさんはどのような社風なのですか?

佐野:

現場以外にも社内プロジェクトというものがありまして、私はそれも担当しています。

森:

どうしてもやらなければならない経営課題だけれども、直近でどこかの部署に権限委譲できないことを、社内で寄せ集めたメンバーで解決する“トライプロジェクト”というものがあるんです。これは、手を挙げればどの部署の誰でも参加することができます。プロジェクトの意義は二つあるのですが、一つ目は、「中長期的な経営課題の解決をしてもらう」ということです。これは経営的にとても助かります。二つ目は、「ネクストリーダーを育成したい」ということです。うちでは、手を挙げる社風をなによりも大事にしたいと思っているんです。うちは今、社員数が年間で2倍ずつ増えており、いずれは大企業と呼ばれる日が来るかもしれない。そんな中で、大企業に勤めている方が口を揃えて言うのが、“上からの指示待ちの社員が多い”ということ。うちはそうなりたくないと思っていますので、会社が小さいうちから手を挙げる文化を大切にしたいと思っています。

―具体的などんなプロジェクト内容なのでしょうか?

佐野:

私が取り組んでいたのは、組織の問題を解決する“チームビルディング”というトライプロジェクトです。年に二回社内サーベイを実施するのですが、そのサーベイの結果を上げるにあたって、その結果から組織の課題を抽出して、解決策を考案、実行します。例えば、社内イベントの開催やマネージャーへの研修などを実施しています。おもしろい企画でいうと、“社長室オープンドア”と“社長横丁”ですね。これは、悩みはあるけれど、自部署の署長には相談しづらいことやこれからのキャリアステップの話などを社長とOne on Oneで話せる機会を作るというものです。朝、社長室のドアがオープンになっているときは、いつでも相談しに行ける“社長室オープンドア”。夜、社長と飲みたいという声に応えて企画したのが“社長横丁”です。社長が居酒屋のカウンターで飲んでいて、そこへ社長と話したい社員が「僕が一杯おごるので15分お話してください!」と隣の席に座っていくシステムです。

―それはおもしろいですね!(笑)

森:

この企画の背景として、社員の人数が増えるにつれて、ひとりひとりと話し合う時間がなくなってきていました。なので、僕としても社員の話をじっくり聞ける貴重な機会でした。

「取りたい星」が見えていれば、あとはみんなで登るだけ。

―FABRIC TOKYOさんのMissionやVision、Valueはどのような想いで生まれたのですか?

森:

実は、もともと僕はVisionやMissionを綺麗事だと思ってました。というのも、会社を立ち上げた当初はそれどころではなく、明日の飯を食えるかどうかを考えてしまうほどの状況だったからです。しかし、創業して1年が経ち、社員が15人くらいになった頃に、ふと気づいた事がありました。それは、同じサービスを一緒にやろうと集まった仲間にもかかわらず、“その発言やアウトプットがブレ始めた”ことでした。そうすると、結果的にお客様に迷惑がかかるんですよね。一時期は社員の定着率が下がったこともあり、いろいろな本を読んだり人に聞いたりと原因を追求しました。そして、うちに足りないのは“Vision”だと気づきました。

―そうだったんですね。

森:

僕はよく「取りたい星」という例え話をすることがあるんですが、「取りたい星」というのは山の頂上よりさらに上にある、いわゆるVisionです。みんながその星を見えてさえいれば、あとは登り方次第、だと。その道のりは、楽かもしれないし、いばらかもしれない。ある時は、引き返すこともあるかもしれませんが、「取りたい星」さえしっかり見えていればいつかは辿り着けるんです。

―Vision導入後、変わったことはありましたか?

森:

ガラッと変わり、組織の雰囲気が明白に良くなりましたね。Visionがないときは、すべての意思決定を僕がおこなっていました。しかし、導入後は「取りたい星」を共有しているので、意思決定を社員に任せられるようになりましたし、任されると社員も成長に繋がるので、組織としても強くなります。もう一つは、採用の仕方が変わったことです。現在、採用の際には必ず、「うちのVision、Mission、Valueの中でどこか共感できるところはありますか?」と聞くのですが、こうすることで自然と入社する人の働き方が同じ属性、同じ熱量になってくるんです。これは組織にとってよいことだと思います。

―社員さんも、働いている中でVision、Mission、Valueを意識することはありますか?

山内:

そうですね。Valueに「社員みんながひとつの素晴らしい会社をつくろう」という意味の“All for One”というのがあり、みんなが日々の仕事の中で意識しています。そのため、「他の部署の問題は自分と関係ない」という考えはうちにはなくて、いかに長くお客様にうちを愛してもらえるかを一番に考えて協力し合っています。実際に、店舗のマネージャーにマーケティング部主導の企画に関する資料を渡すと「できることはなんでもやるよ!」と言って事前に内容を全部暗記してきてくれたことがあって、感動しました。弊社はそういったAll for Oneの文化が根付いています。

佐野:

他にも、“Vision Driven”と“Always Why, Always Run”があります。“Vision Driven”は、ひとつの目標に対してどこまであるべき姿を思い描けるかということ。“Always Why, Always Run”は、それに対して常になぜかを考えて行動し続けられるかということです。

 

森:

僕もいろいろと取材や登壇させていただく機会が多いんですが、やはりうちの強みはこのVision、Mission、Valueがしっかり浸透していることだと思います。そして、それに共感し入社してくれる社員ばかりですし、チームビルディングの面でも多くのファンがいるのだと感じます。

わくわく指数を持とう、世の中は自分で変えられる。

―今後、どのような人と一緒に働きたいですか?

山内:

そうですね。会社が好きで、いっぱいコミュニケーションを取ってくれる人ですね。普段の雑談がサービスの向上に繋がることもありますし、何より“All for One”、「みんなで一緒に作っていく」という気持ちが大事だと思います。実は僕、入社する前は全くファッションに興味なかったんです。(笑)

森:

確かに、ファッション偏差値は低かったよね(笑)

 

山内:

はい(笑)。ですが、会社が好きで働くうちに、サービスも商品も大好きになって、ファッションにも気を遣うようになりました。今ではスーツも5着くらい持っています。

―それはすごい変化ですね!

佐野:

わたしも、この会社のサービスをもっと全国に広げたいという気持ちで入社しましたが、本当の理由は“チャレンジングな環境”にあったのかもしれません。入ってからは周りの期待に応えられず苦しいこともありましたが、「失敗していいよ!」という社風に救われて、様々な困難も乗り越えることができました。なので、情熱的な人や困難を乗り越えられる人と一緒に働きたいです。

―素敵な文化ですね。森さんはいかがでしょうか?

森:

「わくわく指数を持とう」というのは若い世代にはよく言っています。山内も佐野も、わくわく指数を高く持った社員です。わくわく指数を持つことは、意図せずともプロへの近道になります。なぜなら、好きなことは進んで努力しますし、それが周囲に評価されることは人間的成長にも繋がると考えているからです。ですが、わくわく指数よりも大切なのは、“自分で人生を選択する勇気があること”ですね。「ベンチャーだから」、「大企業だから」という視点だけで会社を選ぶのは、本質的ではありません。現在の大企業もかつてはベンチャーだったんですから。自分たちで未来を作っていく、世の中を変えていく、そのようなVisionを持っている人と働きたいです。ゆくゆくはアップルのような会社になることを目指しています。皆さんがiPhoneを持っているように、誰もがうちのスーツを着ている。それが今の目標です。うちのスーツといっても、ライフスタイルは人それぞれですので、それはひとつとして同じ物はありません。Fit Your Lifeです。

―なるほど。とっても深いお話ありがとうございます。私もわくわく指数を持って、社会に飛び出していこうと思います!本日は、本当にありがとうございました!

〜編集後記〜
社長の森さんはもちろん、新入社員の佐野さんと山内さんもとてもパッションに溢れた素敵な方々でした!最初はオーダーメイドスーツにおしゃれ上級者が買う敷居の高い商品のイメージがあったのですが、見た目だけでなく、自分を支えるツールでもあるという新しい価値観を与えていただきました。また、組織の在り方という点でも、本当に素晴らしい考えをお持ちのみなさまでした。驚いたのは、どのお話を聞いていても、お三方が最終的には同じVisionを語られていることでした。「スーツ」という枠組みを超えて、世の中に新たな価値観を提供していく、夢と情熱の溢れるFABRIC TOKYOさん。わたしも入社式には、自分のライフスタイルに合ったオーダーメイドスーツを着て行こうと思います。

MISSION

自分らしいビジネスウェアを通じて
働く楽しさを届けるオープンなプラットフォーム

私たちはアパレル事業を行っています。しかし、私たちは洋服を提供しているのではありません。私たちは自分たち自身を「働く楽しさを探求する企業」と定義し、それをオープンなプラットフォームを創造することで、成し遂げようと考えています。

目指すのは、古く非効率となってしまっている旧来から続くアパレル業界の仕組みを、テクノロジーによって現代社会に最適化することです。ものづくりや流通を透明化・効率化し、販売方法を革新することで実現できる私たちならではの仕組み、それがオープンなプラットフォームです。

VISION

だれもが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会をつくる

VALUE/私たちの価値基準

FABRIC TOKYO社内にはミッションを達成すべく3つの価値基準があります。
これらは当社のコアな価値基準であり、四半期ごとに行われる評価面談や新メンバー採用時にも常に確認されます。

01
Vision Driven
いつもビジョンを軸に考えます。今に最適化するのではなく、未来のあるべき姿を描き、自分たちの手でそれを実現します。

02
Always Why, Always Run
常に考え続け、常に行動し続けます。絶え間ない問題解決の繰り返しによって事業の成長に貢献し、自分自身も成長し続けます。

03
All for One
メンバー全員の力を結集して最高の事業を創ります。自分や自分のチームだけでなく、会社全体のために行動します。

Company Profile

社名
株式会社FABRIC TOKYO
設立
2012年4月6日
代表者
代表取締役 森 雄一郎
資本金
5,000万円(資本準備金含む)
従業員数
約110名(2019年8月時点)
事業内容
カスタムオーダーアパレルブランド「FABRIC TOKYO」の運営
本社住所
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目23-13 南新宿星野ビル6階
会社URL
https://corp.fabric-tokyo.com/